2018年4月17日 (火)

ツノハシバミ 18/03/11

Tsunohashibami10782 ツノハシバミは春先に細長い雄花序と、その根元に赤い柱頭が出た雌花序をつけます。
Tsunohashibami20782 こちらは雌花序のアップです。目立ちませんが、かわいい花です。
Tsunohashibami30787

 樹の全体像です。雄花序が多数垂れ下がっている姿は目立ちますが、葉が出る時期になると目立たなくなり、存在に気づくことも少なくなります。

| | コメント (0)

2018年4月10日 (火)

フクジュソウ 18/03/03

Fukujusou10154
 フクジュソウの群生を見てきました。もともと生えていたところに手を加えて数を増やしたとのことですが、自生といっていいのか??です。

Fukujusou20157

 こんな感じで広範囲にわたって群生していました。いよいよ春が来たという感じです。

Nyakucchi10165

 ぐんまちゃんと下仁田町のご当地キャラの「にゃくっち」が来ていたので、写真を撮ってみました。

| | コメント (0)

2018年4月 4日 (水)

ヒレンジャク 18/02/25

Hirenjaku10013
 昨年は見逃したレンジャクですが、今年はヒレンジャクを見ることができました。群れの様子は撮せませんでしたが、10羽以上はいたように思います。

Hirenjaku20040

 時々水辺に下りて、水を飲んでいました。残念ながらキレンジャクにはお目にかかれませんでした。

| | コメント (0)

2018年3月31日 (土)

セツブンソウ 18/02/21

Setsubunsou19093
 久しぶりの植物のアップです。春はセツブンソウから……、この花を見るといよいよ花のシーズンの幕開けです。例年どおり、栃木方面に行って見てきました。

Tochisuke19101

 ご当地キャラのとち介が来ていたので、思わず写真を撮りました。

| | コメント (2)

2018年3月22日 (木)

コクマルガラス 18/02/21

Kokumarugarasu19163
 昨年はお目にかかれなかったコクマルガラスの淡色型を見ることができました。白い部分が綺麗な個体でしたが、遠かったのでかなりトリミングしました。もう1羽いましたが、更に遠かったので写真は断念しました。

 私の身近でもミヤマガラスは見られるようになったのですが、コクマルガラスはなかなかお目にかかれません。

| | コメント (0)

2018年3月15日 (木)

ハギマシコ 18/02/18

Hagimashiko18854
 今シーズンも地元にハギマシコは来てくれました。小鳥なのに、滑空するような緩やかな飛び方をするのが特徴で、慣れると見当がつきます。

Hagimashiko29008

 石の上に蒔かれた餌を食べに来ていました。来年も無事来てくれるよう、願っています。

| | コメント (0)

2018年3月 7日 (水)

ジョウビタキ 18/02/10

Joubitaki8651
 ジョウビタキの写真を久しぶりに撮りました。バックが暗かったのですが、何とか目も写りました。我が家のピランカンサスにはよく来ていたのですが、今年はその樹が枯れてしまいました。残念です。

| | コメント (2)

2018年3月 3日 (土)

ハイイロチュウヒ 18/02/10

Haiirochuuhi18666
 ハイイロチュウヒ♂は初列風切りのみ黒く、とてもきれいな鳥ですが、なかなか撮影のチャンスには恵まれません。塒で待っていても戻ってくるのは薄暗くなってからが多く、うまく撮れません。今回は運良く明るい内にお目にかかれたのですが出会いは一瞬、これからもチャンスは気長に待つ必要がありそうです。

| | コメント (2)

2018年2月26日 (月)

オオバン部分白化 18/01/21

Ooban18310
 近くの川に行ったらオオバンの群れがいました。その中に、体の一部が白くなっている個体がいましたが、部分白化個体でしょうか。かなり前に全身が白いオオバンを見たことがありますが、またどこかでお目にかかりたいものです。

Magan18334

 中州にはマガンの姿がありました。このあたりでは初めて見ました。

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

ミヤマホオジロ 18/01/20

Miyamahoojiro18208
 ミヤマホオジロも見ることができました。♂は顔の黄色い部分が目立つ特徴のある姿をしています。ちょっと距離がありましたので、かなりトリミングしました。

| | コメント (2)

«トラツグミ 18/01/20