« コクマルガラス 10/02/19 | トップページ | 銚子のカモメ2 10/02/21 »

2010年2月21日 (日)

銚子のカモメ1 10/02/21

Segurokamome10259

 昨年に引き続き今年も銚子カモメツアーに参加して、色々なカモメを見てきました。

ここでは典型的な種類を紹介してみます。上の写真はセグロカモメ、日本近海だけで越冬するカモメですが、個体数が多いので、他のカモメと比較する上で重要な種類です。

Oosegurokamome10201

 こちらはオオセグロカモメ、セグロカモメに比べると背中の色が濃いのが特徴です。

Umineko10252

 こちらはウミネコ、背中の色は濃くてオオセグロカモメと同様なのですが、足が黄色でくちばしに黒と赤の部分があります。大きさはセグロカモメより一回り以上小さいです。

Yurikamome10260

 さらに一回り以上小さいユリカモメです。時折内陸部でも見られ、個体数も多いです。この個体は雨覆と三列風切に褐色の部分があるので、幼鳥です。

Mitsuyubikamome10148

 先日もアップしたミツユビカモメです。今回は飛翔中の写真です。

|

« コクマルガラス 10/02/19 | トップページ | 銚子のカモメ2 10/02/21 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163418/47692113

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子のカモメ1 10/02/21:

« コクマルガラス 10/02/19 | トップページ | 銚子のカモメ2 10/02/21 »