« 銚子のカモメ1 10/02/21 | トップページ | ヤツガシラ 10/03/03 »

2010年2月21日 (日)

銚子のカモメ2 10/02/21

Kanadakamome20211

 中央右がカナダカモメの第1回冬羽です。嘴が細めで頭が丸っこく、胸がべったりと薄い褐色になっているのが特徴だそうですが、自分で識別できるか自信はありません(^_^;)。

Kanadakamome10320

 こちらはカナダカモメの成鳥、背中の色が薄く、丸っこい頭がもやもや~としているのが特徴だそうです。この日はサービス抜群でしばらく近くで見られました。

Kanadakamome30403

 最大の特徴は初列風切の裏が灰色をしていることです。よく似ているセグロカモメは黒ですが、羽を広げないと分かりづらいです。

Hoigurinkei10416

 これは所謂ホイグリン系と呼ばれるタイプで、セグロカモメによく似ていますが、足が黄色っぽい個体です。

|

« 銚子のカモメ1 10/02/21 | トップページ | ヤツガシラ 10/03/03 »

コメント

カナダカモメ、セグロカモメと区別を付けるのが難しそうですね。
セグロとオオセグロも迷うようでは、無理ですね。

投稿: やまそだち | 2010年3月 2日 (火) 20時09分

 詳しい人に教えてもらって、見たときは分かったような気がしても、実際自分で見て区別できるか自信はないです。
 植物もそうだけれど、何度も見ることが大切なんでしょうね。(^-^;

投稿: ペン | 2010年3月 2日 (火) 22時08分

 それにしても、ペン3の撮影器具はどいういのですか? 私の150ー500mmぢゃ、こんなに大きくは撮れません。

投稿: Frank-Ken | 2010年3月 6日 (土) 17時21分

 Frank-Kenさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

 私の撮影器具は、300mmF4+テレコン1.4倍です。私のデジタル1眼では、300×1.5×1.4=630mm相当になります。所謂バズーカではないので、鮮明度はもう一つだと思いますが、予算的にこれ以上は無理です(^_^;)。
 銚子のカモメはかなり近くにいたので、結構大きく撮れましたが、カナダカモメ幼鳥と飛翔中、ホイグリン系、ユリカモメはトリミングしてあります。その他はノントリです。それ以外の記事でアップしてある鳥はほとんどがトリミングしてありますので、ご容赦下さい。

投稿: ペン | 2010年3月 6日 (土) 19時12分

 ペンさん、さっそくのレス、ありがとうございます。また、「ペン3」と入力してしまい、大変申し訳ありませんでした。630mm 相当でトリミングもすれば、Web上では十分に見られますね。納得しました。私の方はA4出力を前提にしているので、なかなかトリミングできなくて・・・・ どこかに、1000mmのレフレックスでも落ちていませんかね。

投稿: Frank-Ken | 2010年3月 7日 (日) 12時31分

 Frank-Ken さん、どもです。
 トリミングしてももちろん元データは残してありますので、いざとなったら、ノントリで出力できます。とは言ってもプリントアウトは滅多にしないで、ただの自己満足写真になっています。まぁ、基本的には証拠写真でしょうか。
 それにしても300mmF4クラスより上になるとなんであんなに値が張るのでしょうか(^_^;)。

投稿: ペン | 2010年3月 7日 (日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163418/47701583

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子のカモメ2 10/02/21:

« 銚子のカモメ1 10/02/21 | トップページ | ヤツガシラ 10/03/03 »