« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月21日 (日)

銚子のカモメ2 10/02/21

Kanadakamome20211

 中央右がカナダカモメの第1回冬羽です。嘴が細めで頭が丸っこく、胸がべったりと薄い褐色になっているのが特徴だそうですが、自分で識別できるか自信はありません(^_^;)。

Kanadakamome10320

 こちらはカナダカモメの成鳥、背中の色が薄く、丸っこい頭がもやもや~としているのが特徴だそうです。この日はサービス抜群でしばらく近くで見られました。

Kanadakamome30403

 最大の特徴は初列風切の裏が灰色をしていることです。よく似ているセグロカモメは黒ですが、羽を広げないと分かりづらいです。

Hoigurinkei10416

 これは所謂ホイグリン系と呼ばれるタイプで、セグロカモメによく似ていますが、足が黄色っぽい個体です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

銚子のカモメ1 10/02/21

Segurokamome10259

 昨年に引き続き今年も銚子カモメツアーに参加して、色々なカモメを見てきました。

ここでは典型的な種類を紹介してみます。上の写真はセグロカモメ、日本近海だけで越冬するカモメですが、個体数が多いので、他のカモメと比較する上で重要な種類です。

Oosegurokamome10201

 こちらはオオセグロカモメ、セグロカモメに比べると背中の色が濃いのが特徴です。

Umineko10252

 こちらはウミネコ、背中の色は濃くてオオセグロカモメと同様なのですが、足が黄色でくちばしに黒と赤の部分があります。大きさはセグロカモメより一回り以上小さいです。

Yurikamome10260

 さらに一回り以上小さいユリカモメです。時折内陸部でも見られ、個体数も多いです。この個体は雨覆と三列風切に褐色の部分があるので、幼鳥です。

Mitsuyubikamome10148

 先日もアップしたミツユビカモメです。今回は飛翔中の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

コクマルガラス 10/02/19

Kokumarugarasu10826

 ミヤマガラスの群れの中にコクマルガラスが混ざっていました。上の写真は左からミヤマガラス、コクマルガラス淡色型、コクマルガラス暗色型です。大きさの違いがよく分かります。ここしばらくはコクマルガラスにお目にかかれていなかったのですが、この時は運がよくて淡色型3羽、暗色型は10羽位見られました。淡色型が見られると嬉しいですね。

Kokumarugarasu30822

 左が切れてしまいましたが、コクマルガラス暗色型4羽に淡色型1羽です。警戒心が強く、こんな風に撮れるチャンスは滅多にないのですが、ISO感度を上げていたままだったので、解像度がもう一つです(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ケアシノスリ 10/02/19

Keashinosuri10854

 ケアシノスリが来ているという情報をもらって見に行ってきました。とまっていると分かりにくいのですが、全体に白っぽく尾の基部が上下面とも白いのが特徴です。初列風切の白斑も目立ちます。

Keashinosuri20880

 肝心の顔の部分が枝かぶりになっているのですが、毛の生えた足と初列風切の白斑という2つの特徴が出ている写真です。今回はずっととまっていて、飛んだところは数回しか見られませんでした(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

コミミズク 10/02/14

Komimizuku20759

 コミミズクを見に行ってきました。昨年はほとんど見られなかったのですが、今年は何カ所かで観察されているようです。この場所はギャラリーが50名位、予想以上にたくさんいました。人慣れ?しているようで、近くでも平気で飛び回っていました。

Komimizuku10679

 何とか飛翔中のものも撮れましたが、残念なことに左の翼は全部入りませんでした。(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セツブンソウ 10/02/14

Setsubunsou10667

 ようやくセツブンソウが咲き始めました。群馬県にはほとんどないので、栃木県へ行くのが恒例になっています。見頃は今月下旬だと思いますが、この花が咲き始めると春も近いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

コオリガモ 10/02/06

Koorigamo10460

 ミツユビカモメを見た場所から少し離れたところでコオリガモを見ました。♂若鳥と♀が来ているようですが、今回見られたのは♀のようです。鮮明ではありませんが、画面中央で顔が白く抜けている個体です。周囲の鳥はスズガモです。

 主に青森県以北で見られるカモで、北海道では珍しくないのですが、関東まで南下してくるのは珍しいと思います。20年ぶり位に見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミツユビカモメ 10/02/06

Mitsuyubikamome10537

 銚子のミツユビカモメです。外洋性で他のカモメ類に比べると見る機会は少ないのですが、ここではよく見かけます。海が荒れている時に港内に避難してくるのかもしれません。黒い足とヘッドホンを被っているような顔の模様が特徴です。

Mitsuyubikamome20475

 海面に降りては何かをついばんでいましたが、何を食べていたかは分かりませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユキホオジロ 10/02/06

Yukihoojiro10453

 今話題のユキホオジロを見てきました。♂が1羽ですが、黄色っぽいくちばしがかわいいです。25年位前に北海道の春国岱の先端まで3時間歩いて見に行って以来です。久しぶりの再会で感激しました。

Yukihoojiro20368

 こちらは思いっきりトリミングしました。このようにゴミの中で餌を採っていますので、背景が様になりません(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »