« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

コスミレ 10/11/23

Kosumire10328

 コスミレと思われるスミレが咲いていました。違っていたらすいません(^_^;)。秋は時折春に咲く花が見られるので、一瞬あれっ!、と思ってしまいます。

 東日本のコスミレは側弁の基部に毛がないのが普通だそうですが、このスミレには少し毛がありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

ゴキヅル 10/11/21

Gokizuru10153

 ゴキヅルが実になっていました。星形の花は見かけますが、実には今まで気づきませんでした。一緒に観察してくれた人に感謝です。この果実を割ると中に黒褐色の種が入っていますが、そちらの写真も撮っておけばよかったです(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

キタミソウ 10/11/21

Kitamisou10076

 花が少なくなってくる頃、毎年見に行っているキタミソウです。花はとても小さく、初めて見たときは咲いていることになかなか気づきませんでした。

Kitamisou20083 

 夏の暑さに弱いので、夏の間は水没していて、秋に水を抜いて土が出てくるような場所にしか生息できません。何カ所かは保護しているようですが、着実に受け継いでいって欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

ハマヒサカキ 10/11/20

Hamahisakaki10041

 ハマヒサカキが咲いていました。こちらは雄花で、初冬に花盛りになるそうです。今の時期に花が咲いていると何となく嬉しくなります。

Hamahisakaki20043_2

 こちらは雌花です。実がついている箇所もあったのですが、うまく撮せませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

クコ 10/11/20

Kuko11835

 クコの実が鈴なりになっていました。川辺の土手や海岸、道端などで普通に見られ、花期も長いので花を見る機会も多いです。近くに花も咲いていましたが、実と両方入った写真は撮れませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

ハナヤエムグラ 10/11/20

Hanayaemugura10017

 ハナヤエムグラ(アカネ科)はヨーロッパ原産の帰化植物です。とても小さな花ですが、この場所には群生していました。花が少ないこの時期、たくさん咲いているのが見られると嬉しくなります。

Hanayaemugura20014 

 身近な場所では見たことがないのですが、見逃しているのかもしれません。

Neko11819

 ネコが気持ちよさそうに寝ていましたが、よく見ると左右の眼の虹彩の色が違います。思わず写真に撮ってしまいました(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

イワレンゲ 10/11/20

Iwarenge11787

 プチ遠征して、県外の知り合いに案内してもらってイワレンゲを見てきました。ツメレンゲと似ていますが、葉の形と葯の色が違います。長い間見たいと思っていたのが見られたので嬉しかったです。

 今年の夏の暑さのせいか、開花株が少ないようです。環境の変化は心配ですが、いつまでも元気でいて欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

ノササゲ 10/11/14

Nosasage11740

 ノササゲが実になっていました。野山で普通に見られますが、この時期に見られる実はなかなかきれいです。鈴なりになっているところを撮りたかったのですが、見つかりませんでした。

Nosasage10342

 こちらは1ヶ月前の10月10日に撮った花です。この株と思われる実は既にはじけていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

サルトリイバラ 10/11/14

Sarutoriibara11771

 サルトリイバラが実になっていました。花は緑色で目立たないのですが、この時期の赤い実は目立ちます。シオデも葉は一見似ているのですが、実が黒いのが大きな違いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

トキリマメ 10/11/14

Tokirimame11749

 トキリマメのさやがはじけて、黒い実が顔をのぞかせていました。左にははじめる前のさやも見えます。この場所には結構たくさんあったので、来年は花を見に行ってみようと思います。よく似たタンキリマメはまだ見たことがないので、いずれお目にかかりたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

ホタルカズラの実 10/11/14

Hotarukazura11764

 ホタルカズラが実をつけていました。春先にきれいな青紫色の花をつけますが、実は今まできちんと見たことがありませんでした。白くて小さな実ですが、注意して探すと見つけることができます。

Hotarukazura11384

 こちらは先日別の場所で見たものですが、残念ながら葉は枯れていました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

伊豆沼のガン2 10/11/07

Gan41457

 前回の写真と似ていますが、こちらにはハクガンが写っています。最近は新潟では何度か見ていますが、伊豆沼で見たのは久しぶりです。

Gan21491 

 もう少し拡大するとこんな感じです。初列風切の黒とのコントラストがきれいです。

Hakugan11487

 地上に降りているときはこんな感じです。ガチョウみたいだという声もありますが、れっきとした野生のガンです。

Shijuukaragan11543

 ほおが白いシジュウカラガンです。昨年は数10羽の群れが来ていたようですが、今回はこの1羽しか見つかりませんでした。でも、どこかに群れがいたのかもしれません。

Karigane11598_2

 思い切りトリミングしましたので、証拠写真にさえなるか微妙なカリガネです。マガンよりも一回り小さく、くちばしも短くて、目の回りに黄色の輪があります。おでこも少し出っ張っていて、白い部分もおでこの方まである傾向があります。見られてラッキーでした。

Gan31616

 夕暮れのハクチョウです。これでこの日の観察は終了しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

伊豆沼のガン1 10/11/07

Gan11445

 2日目は伊豆沼で飛び立ちの観察です。今回は朝に霧が出てしまって何も見えなかったのですが、10時頃には晴れてガンが飛び立つ様子をしっかりと見られました。このスケールの大きさは実際に見みてるとすごいです。

Magan11506 

 こちらはマガンです。基本的には家族で行動しますが、くちばしの上が白いのが成鳥です。伊豆沼で見られるガンのほとんどはこれです。

Gan31529

 こちらは飛んでいる姿です。成鳥はお腹に黒い横斑が目立ちます。

Hishikui11605

 こちらはヒシクイ(オオヒシクイ)です。マガンよりも一回り大きく、くちばしが黒っぽくて先が黄色いのが特徴です。今回は逆光になってしまったので、うまく撮せませんでした。

 次回はこれ以外の珍し系のガンを紹介します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

アオノイワレンゲ 10/11/06

Aonoiwarenge11403_2

 海辺の岩場ではアオノイワレンゲが咲き始めていました。ツメレンゲと花はそっくりですが、ツメレンゲが関東以西に分布するのに対して、こちらは東北地方と北海道に分布し、葉が幅広いのが特徴です。今回見られるとは思っていなかったので、予想外の出会いは嬉しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

コハマギク 10/11/06

Kohamagiku11367

 同じ場所ではコハマギクも見られましたが、微妙に棲み分けているようです。ハマギクより少し内陸に入った草地等で花を咲かせていました。こちらは草本で、一般的な野菊ですが、やはり北海道から関東北部の海辺でしか見られないので、見られて嬉しかったです。

Kohamagiku21359

 ちょっとだけ海辺の雰囲気があると思いますが、かなり苦しいですね(^_^;)。

 Kohamagiku31411

 群生している場所もありましたが、こちらも見頃は過ぎていました。1週間前くらいがちょどよかったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

ハマギク 10/11/06

Hamagiku11305

 年に一度の伊豆沼(宮城県)詣でに行ってきました。土曜日は宮城県の海岸沿いを見てから伊豆沼に向かうのが恒例です。今年は秋の花が遅れていて、まだ海岸の植物を見ることができました。

 上の画像はハマギクで盛りは過ぎていましたが、例年よりも多くの花が見られました。ハマギクは茨城県以北の本州の太平洋側で見られますが、キク科では数少ない木本で、立派な大きな花を咲かせます。

Hamagiku21343 

 1週間前くらいが見頃だったかもしれません。来年あたりは海をバックにしたハマギクの写真を撮ってみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

カナムグラ 10/11/03

Kanamugura11278

 カナムグラはどこにでもある普通種ですが、雌雄異株でこの写真は雌花です。てっきり実の状態だと思っていたのですが、まだ花の状態なのかもしれません。今度はしっかりと確認してみたいと思います。

Tsumerenge31261_2

 こちらは先日長野でも見たツメレンゲ、ちょっと寂しい株ですが、この場所でも結構見られました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

イシミカワ 10/11/03

Ishimikawa11222

 イシミカワは野山で普通に見られますが、花は淡緑色で目立たず、実の方がずっと目立ちます。花被の色は、緑白色→紅紫色→青藍色へと変化します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

コンニャク 10/11/03

Konnyaku11227

 野草ではありませんが、コンニャクの花が咲いていました。群馬県内では作物として育てられているのは、赤城西麓や県西部でよく見ますが、花を見る機会はほとんどありません。残念ながら向こう向きでしたが、畑に入るわけにもいかないので、これで我慢です(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

ホソバイヌタデ 10/10/31

Hosobainutade11211

 ホソバイヌタデが咲いていました。イヌタデに似ていますが、名前のとおり葉が細くて、花の色も薄い独特の色をしています。とは言いながら、人に教えてもらうことがほとんどです。タデの仲間の識別は私には難しいです(^_^;)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

ヤマハッカ 10/10/28

Yamahakka11177_2

 ヤマハッカは山野に普通に生えていますが、なかなかいい写真が撮れません。上唇が4裂し、紫色の斑紋があるのが特徴です。この花が盛りになると、花の季節も間もなく終わりを迎えてしまうので、寂しさが募ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

シオデ 10/10/24

Shiode11105_2

 シオデも実になっていました。ツル性の植物で、托葉が変化した巻きひげでからみつきます。山野で普通に見ることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

コウヤボウキ 10/10/24

Kouyabouki11089

 野山で見られる花もすっかり減ってきました。最後まで見られる種類の一つがこのコウヤボウキです。キク科では数少ない木本の花です。群馬県内では東部で見られますが、中西部では私は見たことがありません。近縁のナガバノコウヤボウキが一般的になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »