« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

コアオアシシギ 10/12/26

Koaoashishigi20067

 茨城の休耕田でコアオアシシギを見ることができました。シギチドリは野鳥の中でも好きなグループの一つですが、まだいたとは驚きでした。このまま越冬するのでしょうか。

Koaoashishigi10081 

 ちょっと逆光気味で暗くなってしまいました。特徴は細くてまっすぐなくちばしと長めの脚です。この個体は警戒心が薄く、近くで見られました。

 今年のブログの記事は今日で終了します。拙い記事を見て下さった皆さんに感謝します。後半は3日に2回位のアップを心がけてきまして、ネタさえあれば何とかなりましたが、年が明けると冬の間は更新は苦しくなりますね。まぁ、のんびりといきますので、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

オオバジャノヒゲ 10/12/25

Oobajanohige10391

 この時期になるとオオバジャノヒゲの実はほとんど落ちてしまっているのですが、かろうじて残っているのを撮してみました。葉はジャノヒゲより幅が広く、どちらかというとヤブランに近い感じがします。

Janohige10399 

 先日もアップしましたが、こちらはジャノヒゲ、葉が細くて、実の色はオオバジャノヒゲよりも鮮やかです。この実は春まで付いていることも多いそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

コクサギの実 10/12/23

Kokusagi20356

 コクサギは山地へ行くとどこでも見られる普通種ですが、実は独特の形をしています。初めて実を見たときは何だか分からずしばらく悩みました。

Kokusagi10370 

 このあと裂開して、種子を飛ばすようですが、種が見える状態の写真は撮ったことがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

イヌカタヒバ? 10/12/23

Inukatahiba10373

 県東部の林道で見慣れないシダを見ました。帰ってきてから調べてみたらカタヒバの仲間らしいのですが、カタヒバは岩場や樹幹などに生えるようです。どうやらこれは沖縄などで見られるイヌカタヒバの園芸品の逸出のような気がします。

Inukatahiba20375

 杉林の下に生えていたので、現地で見たときは逸出とは思いませんでした。この辺の判断は難しいですね。他の地域でも逸出しているのでしょうか。ご存じの方は教えていただけると幸いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

コクマルガラス 10/12/19

Kokumarugarasu10346

 群馬県東部へ恒例のコクマルガラス探しに行きました。まずはミヤマガラスの大きな群れを探すのが基本なのですが、この日は小さな群れしか見つからず、半分諦めていたらその小さな群れの中にコクマルガラスが混ざっていました。地上にいるときは警戒心が強くて近くに寄れないのですが、電線に止まっているときは比較的近くで見ることができます。

Kokumarugarasu20304

 ミヤマガラスと混ざってはいても、行動はコクマルガラスどおしでは一緒にしているようです。この群れは淡色型5羽、暗色型4羽でしたが、一緒に電線にとまっていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

フモトシダ 10/12/19

Fumotoshida10215

 林の中で見慣れないシダを見ました。全体に毛があって、遠目には少し白っぽく見えます。調べてみたら、100%の自信はありませんが、フモトシダというシダのようです。暖地系のシダで群馬では多くないようですが、違っていたらすいません。

Fumotoshida20213

 これが拡大写真ですが、違っていたら遠慮なく指摘してもらえると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

センボンヤリ 10/12/18

Senbonyari10185

 センボンヤリの綿毛(そう果)がたくさん見られました。何とも言えないふわふわした感じで、日を浴びた姿は結構目立っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

ヤブムラサキ 10/12/11

Yabumurasaki10089

 この時期は色々な所でヤブムラサキの実を見ることができます。似た仲間は何種かあるのですが、毛深くて下部が萼片に包まれているのが特徴です。今まであまり注意していなかったのですが、知り合いのブログで紹介されていて、今年は目を向けることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

オトコヨウゾメ 10/12/11

Otokoyouzome10069_2 

 オトコヨウゾメが実になっていました。山地で普通に見られる落葉低木で葉はきれいに色づくはずですが、この場所はすでに乾燥して黒くなっていました。もう少し早めに撮れればよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

センニンソウの実 10/12/11

Senninsou10125

 センニンソウが実になっていました。羽毛状の花柱がきれいだったので写真に撮ってみました。羽毛状になることで風に飛ばされやすくなり、遠くまで運ばれるようになります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

サネカズラ? 10/12/11

Sanekazura10155

 サネカズラ(マツブサ科)がきれいな実になっていました。関東南部では見たことがありますが、地元で見たのは初めてです。見落としているものはまだまだあるんですね。

Sanekazura20164_2

 なかにはこのように黒くなっている実もあったのですが、もしかしたらサネカズラでなく違う種類なのでしょうか?。ご存じの方は教えてもらえると幸いです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

ヒレンジャク 10/11/30

Hirenjaku20607

 ヤドリギの実を食べているレンジャクの姿がありました。ヤドリギの実はレンジャクに食べられた後、粘った糞として排出されたものが樹の幹に付着することにより分布を広げています。お互いになくてはならない存在なのでしょう。

Hirenjaku30612 

 尾の先が黄色いのがキレンジャク、赤いのがヒレンジャクです。この場所には両方ともいたようですが、証拠写真が撮れたのはヒレンジャクの方でした。関東周辺ではヒレンジャクの方が多いようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

アカミヤドリギ 10/11/30

Akaminoyadorigi20554

 ヤドリギに混ざって品種のアカミヤドリギも実をつけていました。実の色しか違いがないようですが、何だか不思議な感じがします。

Akaminoyadorigi10617 

 ちょっと実が暗くなってしまいましたが、比較的近くで見られた株です。これらの実を食べにレンジャクが来ることがあるので、ヤドリギを見ると鳥影がないか探すことが多いです。

 ※本日、HPのペンのお気軽自然散歩にアップしている植物が700種に達しました。当面の目標は800種ですが、年内に達成するのは難しそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

ヤドリギ 10/11/30

Yadorigi20560_3

 少し前ですが、ヤドリギのきれいな実がたくさん見られました。以前紹介したホザキヤドリギとは違って常緑なので、樹の存在そのものには気づきやすいのですが、実は少し地味系です。 Yadorigi10564_2

 今回は比較的近くで見ることができました。2~3月頃が花の時期なので、今度は花の写真にもチャレンジしてみようと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

ノコギリシダ 10/11/28

Nokogirishida10506

 同じ埼玉県南部で見慣れないシダを見たので調べてみたらノコギリシダというものらしいです。羽片の基部の前側が耳状に張り出すのが特徴のようですが、身近な場所では見た記憶がありません。シダも少しずつでも覚えられればいいのですが、難しいです。

Urajiro10479 

 こちらは葉の裏が白いウラジロです。群馬県内では1ヶ所でしか見たことがありませんが、埼玉に来ると少なからずあるようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

フユイチゴ 10/11/28

Huyuichigo20462

 埼玉県南部でフユイチゴの実がたくさん見られました。群馬では同じ仲間のコバノフユイチゴ(マルバフユイチゴ)がよく見られますが、こちらは見た記憶がありません。

Miyamahuyuichigo10455 

 こちらは葉の先が尖っているので、もしかしたらミヤマフユイチゴ?かもと思ったのですが、気づいたのは帰ってきてからだったので、よく観察していません。来年以降の課題です。

Miyamahuyuichigo20473

 この株は実をたくさんつけていて、とてもきれいでした。こちらはフユイチゴのように見えますが、3枚の画像について種名が違っていたら遠慮なく指摘してやって下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

ムラサキシジミ 10/11/28

Murasakishijimi20443

   この時期にはきれいなムラサキシジミをよく見ることができます。写真は♂のような気がしますが、私は蝶にも詳しくないので、分かる方は教えてもらえると幸いです。

Murasakishijimi10428_2

 こちらは翅を閉じたところです。今頃は気温が低いので、このように翅を閉じていても、しばらく見ていると翅を開いてくれることが多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

ホザキヤドリギ 10/11/27

Hozakiyadorigi10380

 野鳥の調査で県北部に行った帰りにホザキヤドリギの実を見ました。普通のヤドリギはよく見かけますが、こちらは初めてです。冬に落葉するので、黄色い実が目立っていてきれいです。色自体もヤドリギより鮮やかです。

Hozakiyadorigi20383 

 距離が結構あったのに望遠レンズを持っていなかったので、かなりトリミングしてあります。

Hozakiyadorigi10632

 こちらは後日長野で見たものです。せっかく近くで見られたのに実はまばらでした(^_^;)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

スイカズラ 10/11/23

Suikazura10177

 スイカズラの実は最終的には黒く熟すのですが、その過程では少し縞模様が見られ、スイカズラは西瓜面という人がいます(^_^;)。普通に見られる植物ですが、実はほとんど撮ったことがありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

カラスノゴマの実 10/11/23

Karasunogoma10341

 カラスノゴマが実になっていました。花の時期は葉に隠れて、咲いていることに気づかないこともあるのですが、今の時期の実は結構目立ちます。実を見て存在に気づくことも多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

ジャノヒゲ 10/11/23

Janohige10224

 葉の方は刈り取られてしまっていましたが、おかげさまで実が撮りやすい状態になっていました。この写真の前に撮ったものは、暗くてもう一つでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »