« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

フクジュソウ 11/01/29

Fukujusou10577

 フクジュソウの自生地に様子を見に行ったら、日当たりのよい場所では既に咲き始めていました。まだまだ寒い日が続きますが、早春に咲く花が見られると嬉しいですね。セツブンソウが咲き始めるまであと2週間と少しでしょうか。待ち遠しいですね。

| | コメント (2)

2011年1月29日 (土)

思い出の花07 ハシカンボク

Hashikanboku1

 1998年12月29日に沖縄で見たハシカンボク(ノボタン科)です。ノボタン科の花は熱帯、亜熱帯を中心に分布しているので、日本では沖縄などの南に行かないと見ることができません。

 ハシカンボクは沖縄では見かける機会が比較的多かったように記憶していますが、随分前に見たきりなので、またしっかりと見ておきたいです。

| | コメント (2)

2011年1月28日 (金)

ヤマノイモの実 11/01/22

Yamanoimo10489

 先日(1月15日付け)アップした写真はオニドコロでしたが、今回はヤマノイモを載せます。恥ずかしながら両者の違いをあまり意識していなかったのですが、みなさんのおかげで分かるようになりました。今後ともよろしくお願いします。

 この日はオニドコロとヤマノイモの種子の違いも確認できました。ちょっとしたことでも発見があると嬉しいですね。

| | コメント (0)

2011年1月26日 (水)

ルリビタキ 11/01/22

Ruribitaki10477_2 

 愛想のいいルリビタキ♀が近くに出てきました。夏は亜高山帯まで行かないとなかなか見られない鳥ですが、冬は里まで下りてくるので見られる機会が多くなります。ヒタキの名前がついていますが、現在はツグミ科で地上を跳ねている姿もよく見かけます。

Hoojiro10461

 こちらはホオジロの♀です。♂に比べると全体に淡くて地味ですね。

| | コメント (2)

2011年1月25日 (火)

思い出の花06 サツマイナモリ

Satsumainamori1

 1998年4月25日に九州で見たサツマイナモリです。西日本ではよく見られるらしいですが、関東では南部で局地的にしか見られないようです。

 先日、関東南部に探しに行ってみましたが、探そうと思っていた林道は崩れてしまったそうで通行止!!、探すこともできずに帰ってきました。残念。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

| | コメント (0)

2011年1月24日 (月)

帯化 11/01/16

Seitakaawadachisou10418

 帯化したセイタカアワダチソウが見られました。帯化とは成長点に異常が生じ、茎・根などが扁平に広がることを言うそうです。

Seitakaawadachisou20420

 こんなのも見られました。できれば花の時期に観察してみたかったです。

Haiirochuhi10433

 単なる証拠写真ですが、ハイイロチュウヒの♂です。この時期はこの鳥を見るためによく渡良瀬遊水地へ行きます。

| | コメント (0)

2011年1月22日 (土)

チョウゲンボウ 11/01/14

Chougenbou10391

 この日は愛想のいいチョウゲンボウが近くに止まってくれました。看板の文字がなければよかったのですが……、こればかりはどうしようもないです(^^;)。

Komimizuku20380  

 チョウゲンボウが追いかけ回していたのがこのコミミズク、捕った獲物を横取りしようと狙っていたようです。

Nyuunaisuzume10342

 畑の方の電線にはカワラヒワの群れがいましたが、中にニュウナイスズメが混ざっていました。スズメの群れには混ざらないのが不思議です。上の写真にはニュウナイスズメは5羽混ざっていますので、よかったら確認してみて下さい。

| | コメント (0)

2011年1月21日 (金)

サカツラガン 11/01/14

Sakatsuragan10328

 ちょっと立ち寄った沼でサカツラガンを見ましたが、あまりにも近距離で見られたので、野生ではないような気がします。コハクチョウと一緒に行動していました。

Sakatsuragan20331 

 サカツラガンはガンの中でも大きな部類です。近くの別の沼では昨年の7月頃に見られているので、同一個体かもしれませんね。

| | コメント (2)

2011年1月19日 (水)

思い出の花05 イトハコベ

Itohakobe01 

 思い出の花というのはちょっと残念ですが、群馬県内の湿原で見られたイトハコベです。1998年6月7日に撮影したものです。久しぶりに見たいと思って、2009年に見に行ったら見つからず、翌2010年に行っても見つかりませんでした。

Itohakobe02 

 今年も諦めないで探してみようと思いますが、見つからないとこれが正真正銘の思い出写真になってしまいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

シノリガモ 11/01/10

Shinorigamo10291

 シノリガモ♀も近くで見ることができました。顔に白斑があるのが特徴です。できれば♂を間近で見たかったのですが、叶いませんでした。なぜかオオバンと行動を共にしていました。

Kanmurikaitsuburi10144

 こちらはカンムリカイツブリの若鳥です。カイツブリ類の雛は顔にこのような模様がよく見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

ウの仲間 11/01/10

Umiu10246

 銚子ではウの仲間も3種類ほど見ることができました。上の画像はウミウ、カワウとの区別が難しいのですが、口角(くちばしの元の部分)が尖っているのが特徴だそうです。長良川の鵜飼いで使われているのはこの種類で、カワウよりもからだが大きいのですが野外では分かりません。

Kawau10270 

 こちらはカワウ、口角に丸みがあります。群馬のような内陸部で見られるのはこちらの種類で、近年急速に数が増えています。

Himeu10275

 こちらはヒメウです。かなりトリミングしてあるので、特徴が分かりづらいのですが、くちばしが細く顔全体が黒っぽいので識別は比較的容易です。

 このほかにチシマウガラスという種類がいますが、私は学生の時に1度見たきりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

ワシカモメ 11/01/10

Washikamome10248

 銚子でカモメを見てきました。特に珍しいものは見られませんでしたが、数が少ないワシカモメの成鳥を見ることができました。初列風切(翼をたたんだときの最先端部分)がグレーなのが特徴です。セグロカモメやオオセグロカモメは黒なので、きちんと見られれば識別は比較的容易です。

Washikamome20272 

 飛んでいるところです。翼上面の色が翼の先の方まで続いているのが分かります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

ヤマノイモ科?の実 11/01/09

Yamanoimo10660

  てっきりヤマノイモの実だと思って写真を撮ったのですが、帰ってきてからよく見ると形がどうも違うような気がします。何でしょうか。まだまだ分からないことばかりです(^^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

イボタノキの実 11/01/09

Ibotanoki10656

 イボタノキの実を撮ってみました。山野で普通に見られる樹ですが、残念ながら主役になることはない樹です。誰かさんは疣狸(いぼたぬき)と言っていました(^^;)。ネズミモチと同じモクセイ科なので、実も似ていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

思い出の花04 ソナレノギク

Sonarenogiku10

 1997年の高知県の海岸で見たソナレノギクです。西日本で主に見られるヤマジノギクの変種で、全体にがっしりとした印象を受けます。

Sonarenogiku11 

 画像では分かりにくいのですが、花が全体に大きく見映えがします。詳しい人に教えてもらったのですが、自分だけでは野菊の識別は難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

ヤマホロシ 11/01/08

Yamahoroshi10615

 野山の実も少なくなってきましたが、ヤマホロシの液果がまだ見られました。花もなかなかきれいなのですが、つい見逃しがちです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

ミヤマシキミ 11/01/05

Miyamashikimi10452

 プチ遠征した山ではミヤマシキミの実がたくさん見られました。野山の実もだいぶ少なくなってきたので、見られると嬉しくなります。

Miyamashikimi20456 

 ちょっと分かりにくいのですが、すでに蕾がついています。花は4~5月に咲きますが、もう準備が整っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

思い出の花03 ツチトリモチ

Tsuchitorimochi8

 1997年の高知県ではツチトリモチも初めて見ることができました。一見キノコと間違えそうですが、ハイノキ属の樹木の根に寄生する多年草です。群馬ではミヤマツチトリモチなら見ることができますが、厳密な識別点はよく分かりません(^_^;)。

 雌雄異株とのことですが、雄株は未発見だそうで、何だか不思議ですね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

ツルマサキ 11/01/03

Tsurumasaki10439

 今年の実質的な初撮りはツルマサキの実になりました。秋は裂開前の白い実ですが、この時期になると赤い中身も出てきてなかなかきれいだと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

思い出の花02 ノジギク

Nojigiku6

 ノジギクは西日本の比較的広範囲に分布する野菊でリュウノウギクによく似ています。素人では迷ってしまいますが、詳しい方に同定してもらいました。葉身の基部が心形~切形になるのが特徴の一つのようです。画像は高知県の海岸沿いで見た群落で、タイキンギクと同じ日に見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

思い出の花01 タイキンギク

Taikingiku1

 友人からフィルムスキャナーを借りることができたので、かつて銀塩写真で撮ったものをデジタル化しています。とは言ってもかなりたくさんのフィルムがあるので、最近デジタルで撮っている植物はスルーして、銀塩でしか撮っていない植物のみスキャンしています。細かい調整ができないので、単なる証拠写真ばかりですが、花が少ない今の時期をつなぐために(^_^;)、時々アップしてみようと思います。

 今回はタイキンギク、1997年11月22日に撮影したものです。和歌山県と高知県の海岸沿いに生えて、黄色の花がかたまって咲きます。このとき、一度見たきりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

明けましておめでとうございます 11/01/01

Akagi10420

 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 挨拶回り終了後、ちょっと利根川沿いへ行ってみました。僅かに雪で白くなった赤城山の一部に日が差していて、なかなかきれいだったのですが写真では……ですね。

Komochishida10415

 こちらは昨年12月30日に県内で見たコモチシダです。関東南部では見る機会の多いシダですが、県内では初めて見ました。最近県内の何カ所かで探していたのですが見つからず、ようやく見ることができたので嬉しかったです。株としては貧弱だったので、これから無性芽が出るくらい成長して欲しいですね。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »