« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

シロバナアブラギク 12/10/20

Shirobanaaburagiku18142

 シロバナアブラギクはリュウノウギクとアワコガネギクの雑種で、両者が接近しているところで見られることがあります。この個体は花が少し黄色みを帯びていて、葉がリュウノウギクよりも切れ込んでいて、アワコガネギクとの中間的な姿をしていました。

Shirobanaaburagiku28143

 花のシーズンも終わりに近づいているようです。何となく寂しさが募ってきますね。

| | コメント (2)

2012年10月29日 (月)

ホソバウンラン 12/10/15

Hosobaunran18007

 ホソバウンランが花盛りになっていました。ヨーロッパ・アジア原産の帰化植物ですが、ここでは道ばたの至る所に群生していました。自宅周辺ではほとんど見かけませんが、これから増えていくのでしょうか。

| | コメント (0)

2012年10月27日 (土)

タウコギ 12/10/15

Taukogi17989

 最近見る機会が減ったと感じる水田植物の一つがこのタウコギです。昨年の今頃群生している休耕田を見つけて写真を撮るのを楽しみにしていたのですが、今年は休耕田がなくなっていて、見ることができませんでした。他の場所にないか行くたびに探し回り、ようやく見つけたときは花はほとんど終わっていました。

| | コメント (2)

2012年10月25日 (木)

クサノオウバノギク 12/10/14

Kusanooubanogiku17945

 クサノオウバノギクを見てきました。葉がケシ科のクサノオウに似ていることから名前がつきましたが、晴れないと花は開きません。この日は何とか咲いているのを見ることができましたが、花期終盤でいい状態のにはほとんどお目にかかれませんでした。小さな花ですが、独特の気品があります。

| | コメント (2)

2012年10月23日 (火)

ホソバノツルリンドウ 12/10/08

Hosobanotsururindou17850_2

 ホソバノツルリンドウは一昨年は10月3週に見に行ったら残り花だったので、今年は少し早めに行ったら咲き始めでした。よく見かけるツルリンドウは花冠が5裂し副片がありますが、こちらは4裂で副片はありません。

Hosobanotsururindou27868_2

 淡紫色で優しい印象の花です。見かける機会は少ないので、見つけたときは嬉しかったです。

| | コメント (6)

2012年10月21日 (日)

クマタカ 12/10/08

Kumataka11220894

 林の中を車で走っていたら、地上に降りていたタカと目が合いました。すぐに飛んで近くの木に止まったのを見たら何とクマタカのようです。大空を帆翔しているのは何度も見たことがありますが、こんな間近で止まっているのを見たのは初めてです。

Yamakagashi17919

 飛び去った後にはヘビ(ヤマカガシ?)の姿がありました。お食事中だったようです。

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

チチッパベンケイ 12/10/08

Chichippabenkei17889

 花期終盤かと思っていたチチッパベンケイですが、ちょうど花盛りでした。赤褐色の葯が目立ちます。

Chichippabenkei27894

 乳液が出るような葉ということで、チチッパの名前がついたようですが、実際には乳液は出ないようです。

| | コメント (4)

2012年10月17日 (水)

ミズマツバ 12/10/08

Mizumatsuba17812

 ミズマツバは休耕田などに見られる小さな植物で、数年前に身近な場所にあることに気づきました。場所は微妙に変わったりするのですが、見つけると宝物でも発見した気分になります。よく見ると葉脇に小さな花をつけています。

Mizumatsuba27825

 拡大するとこんな感じです。ミゾハコベよりもさらに小さな花です。 

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

ヒレタゴボウ 12/10/08

Hiretagobou17833

 この時期になってヒレタゴボウが花盛りになっていました。例年だともっと早い時期にたくさん咲くのですが、8~9月にかけて暑かったせいでしょうか、いつもは回らないコースなのですが、見てみてよかったです。

 北アメリカ原産の帰化植物ですが、私の身の回りでは見られる場所は限られています。

| | コメント (2)

2012年10月13日 (土)

休耕田シギチ 12/10/13

 10月13日(土)の状況です。

  1. コチドリ     2

 これだけです。稲刈りが本格化し、シギチドリがつきそうな所はほとんどなくなりました。これをもって今シーズンの観察は終了にします。

Nobitaki17927

 今日はノビタキを比較的近くで見ることができました。9月下旬頃から飛来していますが、そろそろ見られなくなるでしょう。

| | コメント (0)

2012年10月12日 (金)

ノソリホシクサ 12/09/21

Hoshikusa17274_2
 ノソリホシクサはミヤマヒナホシクサの変種とのことですが、この仲間の識別はよく分かっていません(^_^;)。それでも、普段は見かけない植物なので、とても新鮮に感じました。

Hoshikusa27284

 全体はこんな感じでした。小さくて目立たない植物です。

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

トモエシオガマ 12/09/17

Tomoeshiogama17167

 トモエシオガマはシオガマギクの変種で、花が巴型に出ているのが特徴です。見かける機会は多いのですが、なかなかいい状態にはお目にかかれません。今回もいい株だと思って写真を撮ってみましたが、なかなかうまく撮れません(^_^;)。

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

マネキグサ 12/09/17

Manekigusa17184

 久しぶりにマネキグサを見ました。今年も見逃すかと思っていましたが、何とか残り花が待っていてくれました。見られるとうれしくなる花の一つです。

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

休耕田シギチ 12/10/07

 10月7日(日)の状況です。

  1. コチドリ         12
  2. オジロトウネン     1
  3. タシギ          2

 これしか見つかりませんでした。稲刈りの始まっている田んぼも多いです。そのなかで、今季初めてショウドウツバメを多数見ました。かつてはお盆のころに見ることが多かったのですが、何か変化が起きているのでしょうか。

| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

アメリカキンゴジカ 12/09/17

Amerikakingojika17105_2

 アメリカキンゴジカは名前のとおり熱帯アメリカ原産の帰化植物です。去年知り合いのブログで存在を知ったのですが、開花時間が非常に短いそうです。今回も前日に存在に気づいたのですが、午後だったので咲いていませんでした。次の日の朝8時40分頃行ったら花盛りでしたが、10時頃再度行ったらまったく咲いていませんでした。

Amerikakingojika27120

 咲いていたのは畑のほんの一角です。広がってはいないようです。

| | コメント (2)

2012年10月 4日 (木)

休耕田シギチ 12/10/04

 10月4日(木)の状況です。

  1. コチドリ             15
  2. オジロトウネン         1
  3. タカブシギ            1
  4. タシギ              9

 数は少ないですが、まだいます。前橋市のほうは稲刈りが始まっているので、そろそろ今シーズンの観察も終わりに近づいているようです。

 今日のヒットは何と言ってもマガンが3羽観察されたことです。昨年もほぼ同じ時期に観察されているので、渡りの途中の休息場所になっているのかもしれません。

Magan17723

 昨年に比べると近かったので、写真を撮ることができました。珍しくノートリミングです。

| | コメント (0)

2012年10月 3日 (水)

ヤブツルアズキ 12/09/16

Yabutsuruazuki17060

  いい状態の花ではないのですが、ヤブツルアズキの画像です。アズキはこのヤブツルアズキを改良したものと言われています。普段は存在に気付かないことが多いのですが、花が咲く今の時期は見る機会は結構多いです。

| | コメント (0)

2012年10月 1日 (月)

イボクサ 12/09/16

Ibokusa17071_2

 イボクサは夏の終わりから秋にかけてひっそりと花を咲かせますが、花期が短いせいか花盛りを見逃してしまうこともあります。今回はきれいな状態を見ることができましたが、群生しているところを表現するのは難しいです。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »