« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

ヤマガシュウ 12/11/11

Yamagashuu18837

 ヤマガシュウは昨年初めて存在を知った植物です。葉をサルトリイバラやシオデと混同していたのかと思います(^_^;)。今年は自分で存在に気づくことができましたが、まだ花をきちんと見ていません。来年は撮影したいと思います。

| | コメント (0)

2012年11月28日 (水)

コシオガマ 12/11/11

Koshiogama18745_2

 コシオガマは晩秋の頃まで見られますが、つい最盛期を逃してしまいがちです。今年も遅かったので、来年はもっと花盛りの時に再チャレンジしたいです。

| | コメント (2)

2012年11月26日 (月)

アワコガネギク 12/11/10

Awakoganegiku18679

 こちらで野山を彩る最後の花がこのアワコガネギクです。群馬では南西部でよく見られ、東部にもあるのですが、なぜか前橋近辺ではほとんど見かけません。

Awakoganegiku18661
 やや早めに咲き始めるヤクシソウと遠目には似ていますが、こちらは筒状花があり、色も黄色みがより濃い感じです。

| | コメント (4)

2012年11月24日 (土)

タチツボスミレ 12/11/03

Tachitsubosumire18516

 この時期、気候が春に似ているせいか、時折スミレの仲間を見ることができます。群生という訳にはいきませんが、見られると嬉しいものです。この日見られたのはタチツボスミレ、今から春が待ち遠しいです。

| | コメント (0)

2012年11月22日 (木)

リュウノウギク 12/11/03

Ryuunougiku28451

 リュウノウギクが花盛りでした。野菊の中では花が大きい方で、葉も身近なところで咲いているイエギクに近いです。よく見られる種類ですが、どうも花期を逃してしまいがちです。

Ryuunougiku18446

 こちらは花弁がピンクです。葉や茎が「竜脳」の香りに似ていることから名付けられたといわれています。

| | コメント (2)

2012年11月20日 (火)

ホコガタアカザ 12/10/27

Hokogataakaza18311

 海岸近くの水辺で見慣れない植物を見ました。帰化植物であることは予想がつきました。アカザ科あたりだと思って調べたら、下部の葉が対生だったことから、ヨーロッパ原産のホコガタアカザのようで、海岸近くに多いとのことです。在来のハマアカザに似ていますが、こちらは互生だそうです。

| | コメント (0)

2012年11月18日 (日)

コハマギク 12/10/27

Kohamagiku18284

 海岸から少し入ったところではコハマギクが咲いていました。毎年同じような写真になってしまいますが、内陸では見られないだけについカメラを向けてしまいます。昨年よりは数が少ないように感じましたが、それでも見られると嬉しいものです。

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

ミサゴ 12/10/27

Misago18264

 海岸の杭の上にはミサゴが止まっていました。少なくとも3羽はいたようです。ミサゴの英名はいわゆるospreyで、海岸で主に魚をとって食べています。

| | コメント (2)

2012年11月14日 (水)

ハマギク 12/10/27

Hamagiku18302

 時期が遅めだったせいか、ハマギクの状態のいい株に間近ではお目にかかれませんでした。岩場の上の方には見頃のものがありましたが、遠かったのでトリミングしました。ハマギクは木本で強靱な印象を受けます。

| | コメント (0)

2012年11月12日 (月)

アオノイワレンゲ 12/10/27

Aonoiwarenge18339

 10月27~28日にガンを見るために宮城県へ行ってきました。もちろん鳥だけでなく、植物も色々と見てきました。

 今日の画像はアオノイワレンゲ、北海道と東北地方に分布します。倒卵形~楕円形の葉で、葯が濃い赤色をしているのが特徴です。黄色いとイワレンゲとなります。

Aonoiwarenge28329

 一カ所はロゼットのみでしたが、もう一カ所では群落が見られました。まだ咲き始めたところでしたので、1週間後位が見頃だったと思います。

| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

センブリ 12/10/24

Senburi18258

 今年はセンブリにお目にかかれないでいましたが、何とか花期終盤になって見ることができました。昨年は花盛りの時に盗掘されてしまったのですが、今年は何とか生き残ってくれたようです。来年以降も見られるよう願っています。

| | コメント (0)

2012年11月 8日 (木)

コウヤボウキ 12/10/22

Kouyabouki18234

 コウヤボウキはキク科では数少ない木本です。群馬県内では近縁のナガバノコウヤボウキはよく見られますが、コウヤボウキの方は見られる場所は限られています。今回は栃木県で見たのですが、まとまった咲いているところは見られませんでした。

| | コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

オケラ 12/10/22

Okera18223

 オケラは秋も深まる頃によく見かけます。花が少なくなるこの時期には貴重ですね。総苞の周囲にある魚の骨のような苞はよく目立ちます。

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

アケボノシュスラン 12/10/22

Akebonoshusuran18211

 久しぶりにアケボノシュスランの花を見ました。葉はよく見かけるのですが、花付きがよくないように思います。あるいは、年により開花状況に差があるのかもしれません。今度は群落にもお目にかかりたいです。

| | コメント (6)

2012年11月 2日 (金)

マタタビの実 12/10/20

Matatabi18161

 マタタビの葉や花はよく見かけますが、実はつい見逃してしまいがちです。今回は久しぶりにきちんと見ることができましたが、ちょっと遠かったです。何とか近くで探して、写真に撮ってみました。

 同じ仲間のサルナシは美味だそうですが、こちらは穏やかな辛みがあるそうです。

| | コメント (2)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »