« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

セリバヤマブキソウ 13/05/06

Yamabukisou11637

 セリバヤマブキソウはヤマブキソウの1品種で、葉が羽状に裂けるものをいいます。今回は大きな株を見ることができたので写真を撮ってみましたが、花盛りは少し過ぎていたようです。

| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

タチガシワ 13/05/06

Tachigashiwa11597

 タチガシワは林床などに生えていますが、目立たないせいか、今まで数回しか見たことがありませんでした。今回、久しぶりに見ることができましたが、花は地味で目立たないです。

Tachigashiwa31621

 それなりに群生しているところも見ることができました。最近、ガガイモ科からキョウチクトウ科に変更になったようです。

| | コメント (0)

2013年5月27日 (月)

ツマキチョウ 13/05/06

Tsumakichou11545

 ツマキチョウは蛹で越冬し、春に1度だけ成虫が出現します。特に珍しい種類ではないのですが、なかなか撮影の機会に恵まれませんでした。

Tsumakichou21547

 シロチョウ科はひらひらと飛んで、比較的近くに来ることもあるのですが、なかなか止まらないことも多いです。今回はじっとしていたら、すぐ近くに来てくれました。

| | コメント (4)

2013年5月25日 (土)

ヒカゲツツジ 13/05/06

Hikagetsutsuji11437

 この時期はどこへ行っても色々な花が見られるので、あちこちウロウロしています。ヒカゲツツジが花盛りの場所もありました。

Hikagetsutsuji21442

 こちらは花のアップです。疲れている花を見ることも多いのですが、この日は結構新鮮な花が見られました。葉が疲れ気味なのがちょっと残念です。

| | コメント (2)

2013年5月24日 (金)

タカオスミレ 13/05/05

Takaosumire11482

 タカオスミレはヒカゲスミレの品種で、葉の表面が焦げ茶色になるものを言います。花付きはあまりよくないのですが、何とか2つの花を同時に撮れました。

| | コメント (2)

2013年5月21日 (火)

ギンラン 13/05/04

Ginran11428

 ギンランが咲いていましたが、少し盛りを過ぎていたようです。群生はしていませんでしたが、林床に点々と生えていました。いつまでも元気でいて欲しいです。

| | コメント (2)

2013年5月20日 (月)

ムシクサ 13/05/04

Mushikusa11380

 ムシクサがたくさん生えていましたが、花が小さくて複数を入れた写真は撮れませんでした。ゾウムシの仲間がしばしば子房に虫えいを作ることから名前がついたようですが、まだその状態は見たことがありません。

| | コメント (0)

2013年5月19日 (日)

カヤラン 13/05/04

Kayaran11424

 カヤランの花が見頃になっていました。ただし、人が結構通るところなので、誰もいないときに素早く撮ることになり、どうも落ち着いてじっくり撮れません。採られるかも……などという心配をしないですむ日が来て欲しいです。

| | コメント (2)

2013年5月17日 (金)

オオヤマカタバミ 13/04/29

Ooyamakatabami11244

 久しぶりにオオヤマカタバミを見ました。葉が切形になるのが特徴です。花が終わっている株が多かったのですが、僅かな残り花を見ることができました。

| | コメント (2)

2013年5月16日 (木)

オトメスミレ 13/04/29

Otomesumire11257

 オトメスミレはタチツボスミレの白花品の中で距に紫色を残すものを言い、比較的よく見かけます。距まで白いものはシロバナタチツボスミレと言い、見かける機会は少ないです。今回は花盛りのオトメスミレを見ることができました。

| | コメント (0)

2013年5月14日 (火)

ヒゲネワチガソウ 13/04/29

Higenewachigaisou11162

 ヒゲネワチガイソウは早春から咲き始めます。あまり目立ちませんが、春の山には欠かせません。よく似たワチガイソウに比べると葉や花弁が細く、上部2対の葉は接近してつきます。

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

ビロードツリアブ 13/04/28

Biroudotsuriabu11118

 タチツボスミレとオオタチツボスミレの雑種のムラカミタチツボミレと思われる写真を撮っていたら、目の前にビロードツリアブが現れました。早春から今頃のみ見られる種類で、独特のユーモラスな姿はファンも多いようです。

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

レンプクソウ 13/04/20

Renpukusou20862

 レンプクソウは別名ゴリンバナというとおり、花が5つかたまって付きます。特に珍しい花ではありませんが、どこでも見られるというほどでもありません。緑色の地味な花ですが、見られると何だか得したような気持ちになります。

| | コメント (2)

2013年5月 6日 (月)

スミレサイシン 13/04/14 

Sumiresaishin10720

 スミレサイシンは群馬県では北部で見ることができます。雪解けを待っていたかのように咲き出す姿は、花も大きいだけにかなり目立ちます。短くて太い距も特徴の一つです。

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

ヒメニラ 13/04/14

Himenira10726

 ヒメニラはとても小さな植物ですが、葉を踏むとニラの匂いがします。植物観察を始めた頃はこのヒメニラの存在になかなか気づきませんでしたが、最近は普通に目に入ってくるようになりました。チューリップのような花はなかなかかわいいです。

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

エゾアオイスミレ 13/04/14

Ezoaoisumire10736

 エゾアオイスミレはアオイスミレに似ていますが、花はよりしっかりと開き、越冬葉がないのが特徴です。上の画像のように、葉と一緒に出てきたところを見ることが多いです。

Ezoaoisumire20746

 近くの道路際ではアスファルトの隙間に生えていました。盛りは過ぎていましたが、花付きのいい株でした。数日前に来れば見頃だったでしょう。

| | コメント (2)

2013年5月 1日 (水)

キクザキイチゲ 13/04/14

Kikuzakiichige10706

 県内でアズマイチゲを見る機会は結構あるのですが、キクザキイチゲは北部に行かないと見られません。色は白色から淡青色まで変化があります。

 写真を撮っていたら、ビロードツリアブが飛んできました。春の一時だけ見られるツリアブ科の昆虫で、何とも言えないユーモラスな姿です。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »