« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

休耕田シギチ03 16/07/31

 7月31日(日)の状況です。

  1. コチドリ      27
  2. イカルチドリ    1

 ムナグロは見つかりませんでしたが、コチドリが1ヶ所の休耕田にたくさんいて、その中に一回り大きなイカルチドリがいました。

| | コメント (0)

2016年7月29日 (金)

キハギ 16/07/02

Kihagi12141
 キハギは黄色い萩ではなく、木萩と書きます。ツートンカラーの花はよく見るととても綺麗で、カメラを向けることも多いです。花期は比較的長いようです。

| | コメント (0)

2016年7月28日 (木)

休耕田シギチ02 16/07/28

 7月28日(木)の状況です。

  1. コチドリ       4
  2. ムナグロ      1

 ムナグロが1羽観察されました。昨年に引き続き7月中の到着です。ここ数年は減少傾向で、どれだけ来るか気がかりですが、とりあえずは第一陣が到着したようでほっとしました。

| | コメント (0)

2016年7月25日 (月)

ヤマオダマキ 16/06/30

Yamaodamaki12097
 ヤマオダマキはこの時期どこでも見られるだけについ撮り逃してしまっています。久しぶりにカメラを向けてみました。高山に行けばミヤマオダマキという青紫色の花がありますが、久しく見ていません。

| | コメント (0)

2016年7月23日 (土)

休耕田シギチ01 16/07/23

 7月23日(土)の状況です。

  1. コチドリ        8

 これだけです。まだ、渡りは始まっていないようです。休耕田は年々少なくなり、今年はどれだけ来てくれるか、とても気がかりです。

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

フウリンウメモドキ 16/06/30

Fuurinumemodokiobana2_2026
 フウリンウメモドキは果実がウメモドキに似ていて、風鈴のように垂れ下がることから名前がつきました。雌雄別株で上の画像は雄花です。盛りは少し過ぎていたようです。

Fuurinumemodokimebana1_2043

 こちらが雌花です。最後の残り花に近い状態でした。雄株に比べると個体数が少ない感じでしたが、実の時期にはもっと目立つと思いますので、その時期にも見に行ってみようと思います。

| | コメント (4)

2016年7月18日 (月)

オニノヤガラ 16/06/25

Oninoyagara11953
 オニノヤガラは葉緑素のない腐生植物で、ナラタケの菌糸と共生しているそうです。近くに別のランがないかと探しましたが、見つかりませんでした。それでも、今年は久しぶりに見頃の株が見られてよかったです。

| | コメント (0)

2016年7月15日 (金)

アメリカオニアザミ 16/06/12

Amerikaoniazami11707
 アメリカオニアザミはヨーロッパ原産の帰化植物ですが、ここ数年こちらでも見かける機会が増えてきたように思います。ただ、消長が激しく、群生していても翌年はほとんど見かけなくなったりするのが不思議です。

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

マツブサ 16/06/07

Matsubusa11650
 山道を車で走っていたら花がたくさん落ちていたので、何だろうと止まって見あげたら、マツブサの大株でした。葉は見る機会が多いのですが、なかなか花をつける個体にはお目にかかれません。

 この個体は雄株らしいので実は期待できません。近くに雌株がないか探し回りましたが、見つかりませんでした。

| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

ニシキウツギ 16/06/06

Nishikiutsugi11471
 ニシキウツギは名前のとおり、花の色が2色です。咲き始めは白色で、次第に紅色に変わっていきますが、白色のまま変化しなかったり、最初から紅色のものもあるそうです。こちらではどこにでもあるだけに、ベストシーズンでもカメラを向け損なうことが多いです。

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

シラキ 16/06/06

Shiraki11576
 シラキはトウダイグサ科の樹木で、6月に地味な細長い花序を出して花をつけます。昨年始めて存在に気づいたのですが、花期終盤でした。

Shiraki21574

 こちらが花のアップです。花の時期だけはそれなりに目立ちますが、花期以外は地味でなかなか存在に気づきません。

| | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

オオバミゾホオズキ 16/05/28

Oobamizohoozuki11268
 久しぶりにオオバミゾホオズキを見ました。ミゾホオズキに比べると標高の高い所に生え、花も大きいです。葉に柄がないのが特徴で、湿り気のあるところでよく見られます。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »